さくらインターネット・レンタルサーバーのWordpressインストールと使い方

1996年からレンタルサーバー事業を開始し、20年以上もの実績を誇る、さくらインターネットのレンタルサーバー。

45万件以上のレンタルサーバー契約があり、エンジニアなどの認知度や人気も高いサービスです。


データベース無しのシンプルなホームページ作成用のプランであれば、月額131円から利用可能。

また、人気のWordpressが使えるプランは月額524円からで、容量も100GBと中小規模のサイトであれば運用可能です。


そんな知名度・人気が高く、多くのユーザに使われているさくらインターネットのレンタルサーバーについて、実際に検証利用し、Wordpressサイトを作成した経験をもとに、インストールから使い方までを紹介します。



Wordpressのインストール方法と手順


1. データベースの作成


スクリーンショット 2020-04-14 15.48.27.png

Wordpressをインストールしてサイトを動かすには、データベースが必要です。

さくらインターネットのレンタルサーバーでは、コントロールパネル(管理画面)から、「データベース新規作成」のメニューからすぐに作成が可能です。



スクリーンショット 2020-04-14 15.50.10.png

データベース名を任意で指定して入力し、バージョン(1択)・文字コードを選択し、「作成する」をクリックすだけで作成が完了します。

※通常、この「文字コード」は、標準的な「UTF-8」で問題ないです。




2. 独自ドメインの登録


スクリーンショット 2020-04-14 15.44.23.png

また、インストールするWordpressで作成するサイトを表示させるURLの「独自ドメイン」を購入・登録して、それを使うことができます。


■初期ドメイン

さくらのレンタルサーバーに契約すると自動で割り当てられる、「初期ドメイン」も利用することは可能ではあります。

ただ、通常は自身のサイト名や事業と関連するドメイン・URLを活用すると思いますし、認知や信頼感としてもおすすめです。


■サブドメイン

さくらインターネットで取得した独自ドメインについては、「ドメインを新規追加」の画面で、サブドメインも指定して作成することが可能です。(xxx.com の独自ドメインに対して、zzz.xxx.com といった形式で別個ドメインを設けること。)

このサブドメインを指定して、Wordpressをインストールしてサイトを制作することも可能です。


■常時SSL化

「ドメイン/SSL」のメニューにて、無料の初期ドメインや、登録した独自ドメインを確認したり、セキュリティ対策のための常時SSL化の設定も可能です。




3. Wordpressクイックインストール


スクリーンショット 2020-04-14 17.13.31.png

さくらインターネットのレンタルサーバーでWordpressをインストールする場合、「クイックインストール」というクリック操作だけでWordpressを簡単にインストールできる機能が利用できます。


「クイックインストール」の画面から、Wordpressの「新規追加」を選択します。

そして次の下記画面でそれぞれの入力・選択事項を埋めて、「作成する」をクリックすれば、インストールが開始されます。




screencapture-secure-sakura-ad-jp-rs-cp-sites-package-install-wordpress-2020-04-14-17_17_42.png


■バージョン

インストールされるWordpressのバージョンの種類が表示されています。

この処理をした2020年4月14日時点では、5.3のバージョンがインストールされます。


2020年4月13日に5.4がリリースされていますが、即座に最新のバージョンに切り替えているわけではないようです。

ただし、Wordpressインストール後に、管理画面で最新バージョンにする対応はすぐにできます。



■インストールURL

前段階で登録した、独自ドメイン・サブドメイン、もしくは初期ドメインを選びます。

ここで選んだドメインに対応するURLのWordpressサイトが作成され、今後運用していくこととなります。


なお、「サブディレクトリにインストールする」という選択肢もあり、もしこれをチェックしてディレクトリを指定した場合、ドメインの後ろのスラッシュ以降のディレクトリにWordpressのファイルがインストールされ、ウェブサイトのURLも同様になります。



■ドメイン直下にインストール・後でURL変更も可能

ドメイン直下のディレクトリ(xxx.com/)にWordpressをインストールし、サイトのURLもそのようにしたい場合は、この選択肢にチェックをしないで進める必要があります。

ただし、サブディレクトリにインストールし、後からWordpressにログインし、ダッシュボードから設定を変更する事での対応も可能です。

(Wordpressのファイルは、サブディレクトリにインストールするが、表示するURLはドメイン直下にさせるということ。)



■複数のWordpress・マルチドメイン

もし複数のWordpressをインストールし、複数のドメイン・サイトを管理するマルチドメインとする場合は、インストール先を、サブディレクトリ指定したほうが、整った管理ができて便利です。



■利用データベース・パスワード

前段階で作成したデータベースを選択し、指定したパスワードを入力します。

もしくは、ここの段階で新規にデータベースを作成することも可能です。



■テーブルの接頭語

データベースにインストールする、Wordpressのデータを格納する各種テーブル名称の頭に付けられる文字です。

初期値が表示されていて、特別変えなければいけないこと、メリットなどは無いと思います。




4. インストール後のログインと各種設定


スクリーンショット 2020-04-14 17.44.29.png

上記流れでWordpressのインストールが完了すると、上記の画面に遷移します。

上記の入力事項が反映された、インストール済Wordpressサイトが表示されています。(ここでは、2番目)



スクリーンショット 2020-04-14 17.48.19.png

「設置先」に表示されたWordpressサイトのURLをクリックすると、上記のWordpress開始画面に移動し、ログイン関連情報を入力します。


■サイトのタイトル

サイト上に表示させたりする、サイト名称を入力します。

Wordpressの主にデザイン機能面を制御するテンプレートである、「テーマ」ファイルにもよってサイト上の表示に違いはあります。


■ユーザー名・パスワード

ログイン時に使用したり、Wordpressサイト上で例えばユーザー名・筆者名などにも反映させられます。

後でサイト上の表示内容は調整も可能です。


■メールアドレス

Wordpressからの通知先のメールアドレスを指定入力します。


■検索エンジンでの表示

インストール・作成したサイトが、Googleなどの検索エンジンに認知・結果表示させるかを制御します。

(サイトのhtml的には、「noindex」というタグが挿入されることで、Googleにインデックス(検索結果に表示させる登録)をさせないことになります。)

もし、ある程度サイトを制作してから、検索エンジンの結果画面に表示したい場合は、これにチェックし、後でWordpressの管理画面からチェックを外す必要があります。




Wordpressサイトの設定・使い方


スクリーンショット 2020-04-14 17.58.42.png

スクリーンショット 2020-04-14 18.00.23.png

上記の流れでログイン関連情報を入力し終わると、上記のようなログイン画面になります。

先程決めたユーザ名・パスワードで、Wordpressのダッシュボード(管理画面)に入ることができます。



■Wordpressサイト制作・テーマの編集など

Wordpressのダッシュボードでは、基本的なこととしては、下記のようなサイト制作の対応が可能です。


・Wordpressテーマのカスタマイズ: 表示内容、色、配置するメニューなどの編集
・投稿の作成: ブログ記事などを作成
・固定ページの作成: サイトや事業についての説明、問合わせページなどを作成
・各種設定: URLの変更、言語の設定、日付や時間フォーマットなど様々な設定変更




■WordpressサイトのURL変更


スクリーンショット 2020-04-14 18.07.06.png

Wordpressインストールの手順で触れた、サブディレクトリへのインストール時に、Wordpressのファイルとは別に、表示するサイトのURLを変更するには、画面のように、「設定」->「一般」のメニューにて、「サイトアドレス」を変更します。


※加えて、インストールしたWordpressファイルのうち、index.phpと.htaccessについて、FTP(さくらサーバーのファイルマネージャー)で下記の対応をします。

・index.phpと.htaccessを、1つ上のフォルダ階層へコピー

(※XXXは、Wordpressファイルをインストールしている、フォルダ名。)
・index.phpの中身を変更
 変更前: require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );
 変更後: require( dirname( __FILE__ ) . '/XXX/wp-blog-header.php' ); 

・.htaccessの中身を変更1
 変更前: RewriteBase /XXX/
 変更後: RewriteBase /

・.htaccessの中身を変更2
 変更前: RewriteRule . /XXX/index.php [L]
 変更後: RewriteRule . /index.php [L]


上記を対応すると、サブディレクトリにインストールしたWordpressのサイトを、別のURL(例えば、ディレクトリ指定無し、ドメイン直下。)で表示することができます。


※下記のページが、画面コピーと一緒に分かりやすく解説されていますので、参考にできると思います。




■常時SSL化(httpsサイト化)


スクリーンショット 2020-04-14 18.41.27.png

インストール・作成したWordpressサイトですが、セキュリティの対応として常時SSL化は、必須の対応です。

これは、簡単に理解すると、不正な閲覧やアクセスを防ぐ目的で、サイト全体を暗号化することができます。


逆にこのSSL化を対応していないと、Google Chromeなどのウェブブラウザ上の表示で、警告が表示されてしまいます。



スクリーンショット 2020-04-14 18.49.17.png

さくらインターネット・レンタルサーバーでは、他の多くの会社同様に、無料でのSSL化設定(共有SSL)も可能です。

上記のように、「ドメイン/SSL」->「ドメイン設定」にて、「共有SSLを利用する」を選択して保存します。

更に、Wordpressダッシュボード側で、「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」というものを無料インストールすれば、SSL化が完了します。



また、有料で更にセキュリティ強化されたSSL証明書もさくらインターネットを通じて利用可能です。

セキュリティ強化の必要性が高い場合は、これらも検討すると良いと思います。

スクリーンショット 2020-04-14 18.58.17.png




■FTP・ファイルマネージャー


スクリーンショット 2020-04-14 19.16.55.png

さくらインターネットのレンタルサーバーには、「ファイルマネージャー」という機能があり、Wordpressファイルを管理・編集することができます。


また、サーバーのファイルを管理するツールの場合、「FFFTP」や「FileZilla」などの様々な機能を使えるものが有名です。

「サーバ情報」->「FTP設定情報」のメニューからFTPサーバ・アカウントの情報を閲覧できるため、それらを使って、外部のツールを利用するのも便利です。




その他のWordpress使い方


■既存Wordpressサイトのさくらサーバーへの移行


さくらインターネットでは、他のレンタルサーバーで管理している既存のWordpressを、移行をサポートしてくれるようなサービスは有りません。

そのため、ユーザ自身で、既存のWordpressのデータベースとファイルをコピーし、さくらインターネットのサーバーにアップするなどが必要です。


ただ、下記のさくらインターネットの公式サイトに、サイト移行の方法がマニュアルとしてありますので、必要に応じて参考にできます。




■Wordpressのアンインストール・削除


スクリーンショット 2020-04-14 19.27.24.png

インストールしたWordpressで作成したサイトを削除したい、Wordpressをアンインストールしたいという場合は、「インストール済みパッケージ一覧」の画面で、「アンインストール」が可能です。


ただし、このアンインストールでは即座にWordpressのファイルを削除してくれますが、データベースについては残存します。

完全に削除したい場合は、「データベース」の画面から、「phpMyAdminログイン」を実施し、データベース・テーブルを物理的に削除する必要があります。



■Wordpressの高速化


スクリーンショット 2020-04-14 19.31.15.png

Wordpressサイトを運営していると、様々な要因でサイトスピードが低下することがあります。

よくある原因が、画像ファイルが重いことや、アドセンス広告が多くて表示し切るまでに時間がかかったり、多くのプラグインを利用してサイトのコンテンツ表示が遅いなどがあります。

それらの原因の場合、画像圧縮、表示コンテンツや利用するプラグインを調整することなどで、高速化の対応できます。


一方で、そもそもレンタルサーバーのプランなどによって、サーバー自体のパフォーマンスに優劣が出ることもあります。

その場合は、例えば共有サーバーではなく、一台丸ごとレンタルするプランを利用するなど、プラン変更での高速化対応も可能です。


更に、Wordpressを動かすPHPのバージョンをアップデートすることでも、実行パフォーマンスが改善されるようです。

上記画面のように、さくらインターネットではPHPバージョンを変更することが可能です。

「モジュール版PHP」への更新が、パフォーマンス改善に良いと記載があり、促されているため、その利用をして、高速化を図るのも一つの方法です。




さくらインターネット・レンタルサーバーの料金プランと機能概要


Wordpressにおすすめ・さくらのレンタルサーバー.png

さくらインターネットのレンタルサーバーは、Wordpress・無料SSLなどが使えるスタンダードプランで、月額524円〜で利用可能です。


最安のライトプランは131円/月額ですが、これはデータベース(SQL)の利用ができず、SQLiteのデータベースのみ利用可能。

Wordpressのクイックインストールは利用できず、もしSQLiteを利用してWordpress利用する場合、自身でインストールとアップロードなどが必要です。(あまりそのような方法をするユーザもいないと思いますが。)


下記は、各種料金プランと、主な機能の一覧です。

機能などライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド
月額料金✕ (年一括のみ)524円1,571円2,619円4,714円13,200円~
年間一括 料金1,571円5,238円15,714円26,191円47,143円145,200円~
初期費用1,048円1,048円1,048円5,238円5,238円49,500円~
ディスク容量10GB100GB200GB300GB500GBHDD700GB
SSD360GB
WordPress等のCMS利用不可
メールサポート
電話サポート



更に詳細な情報は下記の公式サイトを参照。






さくらインターネット・レンタルサーバーの評価・レビュー


WordPressを簡単にインストール・使用できるさくらインターネットのレンタルサーバーについて、機能・料金・パフォーマンス・カスタマーサポートまでの評判・レビューを、下記のページで紹介しています。


また、他の知名度の高いおすすめのレンタルサーバーとの比較についても、ランキング形式で紹介しています。

いずれのレンタルサーバーでも、Wordpressサイトを検証制作した上でレビューしていますので、参考にして下さい。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント